<< フローリングの剥離作業 その1 | main | フローリングの剥離作業 その2 >>
サッシのカビ対策には

 ご訪問ありがとうございます

11月に入って、いきなり寒くなりましたね。
今年の10月は気温が20℃以上の日が続きましたので秋を忘れてました

今回のような冷え込みが始まると、私は気になり始める事があります

それは、我が家のガラスサッシに朝方ついている結露です。
最近は暖かい日が続いたせいで、ほとんど寝室のガラスサッシに結露が発生していなかったのですが、先日見てみますと、ガラスサッシにびっしり水滴が・・・



やはり、この冷え込みで一気に結露がつきやすい時期に突入した模様

これから、冬に入ると毎日結露がつくようになります。

さて、ここでひとつプロの掃除屋として、皆様に教えておきたい事があります

よく、ガラスサッシにカビがついているお宅を見掛けますが、
実は、このカビこの結露のつく時期にカビが発生し始めます。



では、なぜカビが発生するのか

それは、カラスサッシやレールについているホコリにカビが発生するんですね
そしてこの結露による湿気がカビをさらに発生しやすくし始めます。

なんといっても、たまったホコリに結露による水分
カビにとっては、絶好の繁殖条件です。


では、結露を毎日拭き取りさえすればよいのか

確かに、毎日結露を拭き取れるのであれば、これに越したことはありません。
しかし、この結露の拭き取り、私も我が家で実体験してますが、
なかなか大変な作業です。

一戸建にお住まいなら、自分の寝室に子供達の寝室等、
結構なガラスサッシの数になるのでは・・・

そこで、プロの掃除屋の私が我が家で毎年必ず行なう作業をお教えします。

それは、本格的な冬を迎える前に

ガラスサッシのホコリをキレイに拭き取るお掃除をするのです。

ガラスサッシのホコリを1年に1度拭き取っておくだけで、
カビの発生は、随分と抑えられます

我が家は、築6年の一戸建ですが、初年度からこの掃除を始めて、
ガラスサッシに、ほとんどカビがついておりません

確かに少しのカビはついていますが、すぐに拭き取れる程度です。

よくお見かけしているガラスサッシのひどいカビは、毎年の積み重ねにより
年々ひどくなっているように思われます。

ならば、1年に1度、このレール等についているホコリを拭き取るだけで、
カビの発生を押さえれるのなら、簡単ではありませんか

今年も、結露がつき始めた先週末。
時間をとって、寝室のガラスサッシのホコリをお掃除しました。



ガラスとサッシの際や、レールに洗剤を拭きつけ、雑巾にて拭きとります。
今回は、カビ防止が目的なので、ホコリの気になる箇所のみの掃除にしました。
一組のガラスサッシのレールを簡単にお掃除するのに要した時間は約5分程度でしたかね

毎年、この様にお掃除によるお手入れをしてますと、そこまで汚れも付いていないので
短時間でお掃除できますよ

結露のひどいガラスサッシがありましたら、
ぜひ早いうちに一度ホコリ取りのお掃除をしてみることお勧めいたします。

カビがコビリ付き始めたら、お掃除も大変になります。
今ならまだ、簡単にカビ予防できますので、頑張ってみてはいかがですか


もし、既に何年もお掃除していなくて結露によるカビ汚れがひどいガラスサッシにお困りの方

そのような時は、我々プロにお任せするのも良いですよ
コムラでは、ガラスサッシのお掃除の場合、

取り外せるガラスサッシ、網戸は全て取り外して洗剤で丸洗いいたします。

当然、サッシレールもキレイにお掃除しますので、ご安心下さい。

まだまだ寒さが本格的になっていない今の時期

大掃除には、もってこいの季節です

日頃、お掃除に手がまわらないガラスサッシのクリーニングをお困りの方
ガラスサッシが多くて、お掃除が大変でお困りの方は、

ハウスクリーニングのコムラまでお問い合わせ下さいませ




なお直接、わたくし古村に問い合わせしてみたい方がございましたら、

082−235−0654  月〜金曜日 9:00〜17:00


まで、お気軽にお電話くださいませ

作業中、また電話に出る事が出来ない場合でも、後ほど必ずご連絡いたします





 

| ハウスクリーニング | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://komura.jugem.jp/trackback/26
トラックバック